知らないと怖い化粧品の添加物

Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

毎日使う化粧品。あなたの使っている化粧品は安全ですか?

  

無添加化粧品と聞くと 「合成化学物質は使わない」「自然の材料だけだから安全・安心」というイメージを持つのではないでしょうか?

  

でももし、無添加化粧品には添加物がいっぱいだとしたら? 本当の話、無添加化粧品とは決して添加物が一切ない化粧品ではないのです。

  

例えば、化粧品原料の“ハーブエキス”に防腐のためにパラベンが含まれていたとします。メーカーはこのハーブエキスを配合した化粧品を作りましたが、メーカーがパラベンを添加していなければ、この化粧品は無添加、パラベン不使用、ということになります。もちろん表示義務もありません。実際には、ごくわずかではありますが、原料のハーブエキスにパラベンが含まれていても、です。

  

現在、化粧品に配合が許されている成分は7000種類を超えるそうです。 配合が可能とされている7000成分のうち、4000以上の成分は安全性のテストがされていないそうです。 最近の研究や調査などで、その中のいくつかの成分に発ガン性や環境ホルモンの疑いが見つかり問題になっているといわれています。

  

このように危険性が疑われている成分でも、成分名さえ表示すればメーカーは自由に配合し、化粧品として販売できるのだということです。 いつも使っている化粧品に発がん性や環境ホルモンの疑いのある成分が入っていたら・・・。

  

一度に使う量は少なくても、毎日、何十年も繰り返しているうちに有害な成分はどんどん体内に蓄積されていきます。

  

プルプル肌の落とし穴!

通常の基礎化粧品には「なにが利くのか判らない」のでつけた直後に肌がプルプルになるような仕掛けがされています。

それがいわゆる「お肌へ浸透し、潤いを保ち、シワを伸ばす」という効果です。

これはなにをやっているかというと、界面活性剤で皮膚のバリア構造を壊し、皮膚内部に界面活性剤入りの 水分をたっぷり吸収させ、その表面を合成樹脂でコーティングしているのす。

 確かにこうすれば単時間に皮膚が綺麗にツルツルになるし閉じ込められた水分でシワも延び「利いた気」にはなれます。

 しかし実際は肌のバリアを壊して化粧品を皮膚内部へ浸透させるので、肌内部の水分がどんどん蒸発してしまい、それを防ぐために肌の防衛本能から脂分ばかりが分泌されることになってしまいます。

   

 ではどうすればいいのでしょうか。

   

 基本はやはり皮脂の保護と皮膚のバリアを壊さないことにあります。

 皮膚のバリアを壊さず再生を促し、皮脂を守れば 自然と乾燥肌も脂性肌も治ってくるのです。

 手作りコスメでは植物性の乳化剤(パーム乳化ワックス)を使ってクリームを作ることもできます。ミツロウと植物油でリップクリームも作れます。

  

手作りコスメで、ナチュラルライフを送りませんか?

  

アロマテラピーではパラペンや合成界面活性剤を含まないナチュラルな手作りコスメが簡単にできます。

Fairyel Sphereではグリセリンソープ、化粧水、クリーム、乳液などの基礎化粧品を手作りするプチ・アロマレッスン(1回1600円)も行っています。

お問い合わせ、ご予約は06-6608-3122もしくは090-1220-7583まで。

また、カラーリングコスメ(ファンデーション、アイシャドウなど)も天然のアースピグメントを使って手作りできますよ。

タルク、二酸化チタンを使わないファンデーションも手作りできます。

カラーリングコスメ講座も準備中です。

  

<参考資料>

  

石油系合成界面活性剤

Page 1 of 2 | Next page