処方の具体例:風邪・インフルエンザ・喘息・気管支炎

Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

ここで紹介しているのは、特に記入のない限り基本的に大人向けの処方です。

また、妊娠中の場合は、妊娠中の処方例か、注意書きを参考にして下さい。

パッチテストは必ず行ない、異状のないことを確かめてから実践してください。

本人の責任の元で十分に注意をして実践して下さい。

また、ここにあげた処方例はほんの一部です。ご自分に合う処方を是非見付けて下さい。

 

【息苦しい時1】

※ユーカリラディアータ 6滴

 ラヴィンツァラ(ラベンサラ)6滴

 ローズウッド     6滴

 ポンテローザパイン  6適

 植物油(ホホバ等)  10ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中に塗布する。

 6歳以下の子供は植物油を倍にして下さい。

【息苦しい時2】

※フランキンセンス  6滴

 ブラックスプルース 6滴

 バジル       5滴

 マートルCT1     7適

 植物油(ホホバ等) 10ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中に塗布する。

 6歳以下の子供は植物油を倍にして下さい。

【息苦しい時3】

※シナモンカッシア   7滴

 ラヴィンツァラ(ラベンサラ)15滴

 ラベンダー・スピカ  8滴

 植物油(ホホバ等)   10ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中に塗布する。

 6歳以下の子供は植物油を倍にして下さい。

【息苦しい場合4(乳幼児)】

※ラヴィンツァラ(ラベンサラ)5滴

 マートルCT1     5滴

 ローズウッド     5滴

 ポンテローザパイン  5適

 植物油        20ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中にやさしく塗布する。

【塗布する場合5:妊娠中】

※ラベンダーアングスティフォリア  3滴

 フランキンセンス         2滴

 植物油              10ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中に塗布する。

ラベンダーは成分表の付いたもので、ケトンが含まれていないことを確認して下さい。(プラナロム製品をお勧めします)

お腹の張りや不調を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談して下さい。

妊娠中はハーブティーのリンデン、ローズヒップ、エルダーフラワーがお勧めです。

又、免疫力を付ける為にエキナセア(サプリメントでも、ハーブティーでも可)をお勧めします。

【塗布する場合6:関節痛があるとき】

※ ローレル       20滴

 ティートゥリー    30滴

 ラヴィンツァラ(ラベンサラ)50滴

 植物油       15ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、背中、痛む部分に塗布する。

 6歳以下の子供は植物油を倍にして下さい。

【塗布する場合7:咳がひどいとき】

※サイプレス      7滴

 バジル        3滴

 ユーカリラディアータ 7滴

 ティートゥリー    8滴

 植物油        10ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中に塗布する。

 6歳以下の子供は植物油を倍にして下さい。

【塗布する場合8:咳がひどいとき】

※アカマツヨーロッパ(Pinus sylvestris)

            8滴

 サイプレス      7滴

 バジル        3滴

 ユーカリラディアータ 7滴

 植物油        10ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中に塗布する。

 6歳以下の子供は植物油を倍にして下さい。

【塗布する場合9:咳がひどいとき】

※ ポンテローザパイン   8滴

 サイプレス       7滴

 アトラスシダー     3滴

 ユーカリラディアータ  7滴

 植物油         10ml

 1日4〜5回6〜8滴を胸部、のど、背中に塗布する。

 6歳以下の子供は植物油を倍にして下さい。1歳未満の子供には使用しないで下さい。

【塗布する場合10:アレルギー性気管支炎1】

※ゼラニウム・エジプト  5滴

 アカマツヨーロッパ  5滴

 アトラスシダー    3滴

 ティートゥリー    7滴

 植物油        10ml

Page 1 of 2 | Next page