手作りミネラル化粧品のレシピ

Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

パラペンや合成香料、石油系着色料を含まない、ナチュラルな化粧品を使いませんか?

マイカや酸化鉄など天然のカラーラント(無機ピグメント)を使って、肌にやさしいメイクアップコスメが手作りできます。

無機ピグメントとは、ミネラル・土・金属化合物などから成る顔料です。

 

*ミネラルパウダーファンデーション

ミネラルパウダーファンデーション

ミネラルパウダーファンデーションは肌が呼吸できるファンデーション。

軽いつけ心地なのにしっかりとカバーしてくれます。

クレンジングを使わなくても石鹸だけで落とせます。

 

 パウダーファンデーション

     レシピ

   18ml〜20ml程度

 

 A:ライトブラウン酸化鉄

        ミクロスパーテル2杯

   イエロー酸化鉄 ミクロスパーテル2杯

  

 B:セリサイト 小さじ2杯

   カオリンもしくはマイカM-300

              小さじ1杯

   炭酸マグネシウム 小さじ1/2

   シルクパウダー 1mlのさじ1

  

 C : 超微粒子酸化チタン 1mlさじ1/2

   微粒子酸化亜鉛   1mlさじ1/2

  

  

 Aの酸化鉄を混ぜることによってカラーを出します。ライトブラウン酸化鉄を半分くらい手頃な大きさに切ったクッキングペーパーに置いて、イエロー酸化鉄を少しずつ加えて色合いを見ながら調整してください。Bと混ぜると色が薄くなりますので、白い絵の具にカラーを混ぜていけばどういう色になるかという感覚で調整するとうまくいきます。

 カラーが決まったら、Bの材料をすべて入れて、乳鉢でよくすりつぶします。

クッキングペーパーにとっておいたカラーラントを少しずつ加えてさらによくすり混ぜ、ジャストの色合いのところで出来上がりですが、色合いを調整したいときはほんのすこしずつカラーラントを加えていってください。

 色が濃い場合はセリサイトを1mlさじ1程度づつ混ぜて調整してください。いれすぎると膨大な量のファンデーションが出来上がってしまう危険性があります

 

 テレビでも放映されていたように、シルクパウダーにはUVカット、美白効果があるといわれています。

 シルクパウダーは潤いを保つ効果の高いセリシンをたっぷり含み、老化を防止 するとされます。

肌への親和性が高いので、フェイスパウダーに加えると、肌によく馴染むパウダーになります。

 

 でもシルクだけのUVカットだけじゃ物足りないという人にはCも加えましょう。肌に負担がかかるというよりも、紫外線の害のほうが大きいと考える方が理にかなっていると思いませんか?

   

Page 1 of 3 | Next page